sendai-chitose

千代千歳のブログです

『テカムセの呪い』をご存じか?

テカムセの呪いとは、20の倍数の年に選ばれたアメリカ合衆国大統領在職中に死去するという災難の事です。

 

呪いの伝説の始まりは、第9代大統領ウィリアム・ハリソンの肺炎による死からです。

呪いの主は、アメリ先住民族・ショーニー族の酋長テカムセ (あるいは予言者であったテカムセの兄弟テンスクワタワ)と言われています。

テカムセは植民地抵抗運動の中心人物で、1811年にティピカヌーの戦いでウィリアム・ハリソンに殺されたのです。

●テカムセの呪い Wikipedia
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%82%BB%E3%81%AE%E5%91%AA%E3%81%84

「呪い」の犠牲者 

1840年から1960年までの120年間、西暦で20の倍数の年(XXX0年)に当選した大統領は全員が、大統領在職中に死去した。なお、アメリカ大統領選挙は必ず4の倍数の年に実施される。

1840年 - ウィリアム・H・ハリソン、1841年4月4日に肺炎で死去した。
1860年 - エイブラハム・リンカーン、1865年4月14日に暗殺された。
1880年 - ジェームズ・ガーフィールド1881年7月2日に暗殺された。
1900年 - ウィリアム・マッキンリー、1901年9月14日に暗殺された。
1920年 - ウォレン・ハーディング、1923年8月2日に心臓発作で死去した。
1940年 - フランクリン・ルーズベルト、1945年4月12日に脳溢血で死去した。
1960年 - ジョン・F・ケネディ 、1963年11月22日に暗殺された。
1980年 - ロナルド・レーガン、1981年3月30日に暗殺未遂があったが任期満了した。
2000年 - ジョージ・W・ブッシュ、いくつか事故(後述)があったが任期満了した。

ザカリー・テイラーは20の倍数の年以外に選出され、在職中に死去した唯一の大統領であり、1848年に選出され、果物の食べ過ぎによる消化不良で1850年に死去した。これには毒殺説も存在したが、後年の研究で否定された。

アンドリュー・ジャクソンハリー・S・トルーマンは20の倍数の年以外に選出され、在職中に暗殺未遂に遭った2人の大統領であり、それぞれの大統領選挙勝利は1828年及び1832年と1948年(F・ルーズベルトの死去により1945年に副大統領から昇格)であり、それぞれ1835年と1950年に暗殺未遂にあっている。

セオドア・ルーズベルトは任期満了後に暗殺未遂に遭った唯一の大統領である。

なお、彼らの内、リンカーン、マッキンリー、F・ルーズベルト以外は、20の倍数の年に最初の当選をし、最初の任期中に死去した。 リンカーンは暗殺される前年の1864年に銃撃に遭っておりその際、銃弾が帽子を貫通した。

今年はテカムセの呪いの年です。2020年11月3日に大統領選があるのです。日本では文化の日ですね。誰が大統領になるか、まだ全くわかりませんが、誰であってもとにかく無事を祈ります。